東庄町健康診断2018

昭和から平成の現在まで、公益社団法人日本インテリアデザイナー協会の会員であった私も。今年の春、総会で名誉会員にして頂いたことから。それまで加入していた、文芸美術健康保険から、国民健康保険に移行したこともあって、今年は初めて住んでいる香取郡東庄町の健康診断を受けた。
郵送されてきた書類と、検尿の容器を持って、指定の時間に向かう。

場所は、我が家の隣、東庄町保険福祉総合センター。歩いても5分とかからない場所でも、上り坂なので車で行く。

ロビーで待っていると、順番に指定の番号を呼ばれる。

受付を済ませて。

尿検査のコーナーへ採尿した容器を提出。

最初は身長と体重の測定。初めて見た、体重計にセットされた身長測定器。これで一度に両方計っていた。

次に、腹囲の測定。仕切られたカーテンの中で、女性の担当者と二人きりで、お腹を出してメジャーでを測られるのは、何となく恥ずかしい。

血圧を測定してから、

問診。認知症も視野に入れた様々な質問の中で、心身ともに現状の健康状態をチェックされる。

やがて、血液検査。4本も血を抜くのはチョット心配で聞いたら。

「全部で大サジ1杯程度です」という言葉で安心。

採血後の脱脂綿を押さえておくこともなく、このブルーのマジックテープで数分間締め付けておけば良い。

帰りがけに、役場のコーナーで。町発行のポイントカード「コジュリンカード」のポイント加算。

東庄町では、ボランティアの協力や、健康診断の受診にもポイントが加算される。町内の加入商店での買い物でポイント加算されるもの。ポイントが満杯になると、500円分の商品券として商店で使える。これで、とにかく今年の健康診断は終了した。結果は1ヶ月後に郵送される。ちょっと心配。

三七墨会2016

今年も6月に恒例となった、昭和37年卒・都立墨田工業高校3年4組電気科のクラス会、通称「三七墨会」(ミナスミカイ)が開催された。最近の傾向として、17:30からの宴会会場のTDK柳橋会館まで近くの下町の遺跡を巡ってウォーキング。佐野くんの事前調査に基ずくコースを辿る、言ってみれば「ブラスミカイ」まずは、秋葉原の万世橋に16:00に集合した。Image 2016-06-10 at 22.35

早めに着いたので、集合場所の「mAAch」のテラスでコーヒーを飲む。Image 2016-06-10 at 22.36

しばらくして、全員が集まったので出発。
高齢者は時間の厳守が出来るのです。

Exif_JPEG_PICTURE

佐野くんの用意した古地図によると、江戸時代「関東代官」としての伊奈氏の広大な住居は、浅草橋から柳橋にまで及んでいた。

Exif_JPEG_PICTURE

今日は、神田川沿いを柳橋に向けてウォーキング。
そしてついに、「郡代屋敷跡」に到着。そこは、日本橋女学館の建物の傍にあった。そして、その建物のノボリに「祝ノーベル賞受賞」と。大村智先生が開智学園の名付け親とか。

Exif_JPEG_PICTURE

そういえば、昨年の秋、朝日新聞の記者から電話があり、ノーベル賞候補の大村先生が、我が都立墨田工業高校の教諭をしていらしたとか。そこで、エピソードとして授業を受けた生徒などの声を聞きたいと。時期は丁度、僕らが通っていた昭和34年から37年。残念ながら、僕らは全日制で、大村先生は定時制で教えられていた。
ただ、バスケット部の夕方の練習のあとに食堂でコロッケそばなど食べていた時、擦れ違っていたことはあると思う。

Image 2016-06-10 at 22.37 (2)

先付 鯵アボガド和え

大村先生は、ノーベル賞の受賞者にしては変わった経歴の持ち主だと。それは、都立工業高校の定時制教諭という、地味な経歴からだと思う。しかし、大村先生は省いても良いような経歴を明記され、そして「定時制高校の生徒は、シャツに機械油を付けたまま教室に来て勉強をしていた。そんな彼らを観て、自分ももっと勉強しなければ」というようなコメントをされていた。
そんな大村先生を好きになった。

Image 2016-06-10 at 22.37 (3)

組肴 雲丹小倉掛、鴨、アスパラ胡麻味噌掛、鰯一夜干し、菜酢浸し、姫栄利久焼

宴たけなわ、一人づつ近況を話す時、僕の番に回ってきた。
今日はそんな話でしめくくった。

Image 2016-06-10 at 22.37 (5)

向付 真子鰈、鮪

43人のクラスで、学生の時はあまり話もしなかったクラスメイトも、この会の常連となって、今更に親交を深めた感じだ。皆さんまた来年、元気に会いましょう。

Image 2016-06-10 at 22.39

東庵に虹

Image 2016-04-24 at 18.29 (1)

久しぶりに、それは本当に久しぶりに東庵から見える虹が出た。
観月台から堰の水面のむこう、東の空に。こんなにはっきりとした完璧な
アーチが、しかも10分以上もクッキリと見せてくれた。

虹には「どうかネガティブな感情を手放してください。降り止まない雨は
ないのです。輝く未来を信じて突き進んでください」というメッセージが
含まれていると。
不安や恐れを抱いている人に、未来は怖くないのですと伝えているのだそ
うです。
虹を見た時は、ついついその美しさに心を奪われてしまいがちですが、そ
のようなスピリチャルな”気付き”も与えられているということでもある。

いゃあ、長らくお待たせいたしました。この東庵ブログもしばらく休んで
いましたが、また続けられる環境が整いそうです。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

中田重克

石出の堰

東庵の東北に位置する池、石出の堰。RIMG000920150415184257

このほとりに土地があったから東庵を建てた。それから26年。毎日の様に観    つづけて来た水面も、様々な変化によって季節を知らせてくれる。RIMG001420150415193939

朝、5時に目が覚めたので、観月台から堰の方を眺めてみると、北側の里山     の林に朝日があたって来ている。春だなあと感じる。早朝の陽かりはまさに    春の日の出だ。

RIMG001320150415193852

鳥達はいっせいに移動し始める。RIMG026520150415194013

毎年11月から5月までの冬場は、マガモやキンクロハジロなど水鳥が最大      500羽を数える。こんな小さな池で、そんなに餌があるのだろうか。RIMG027320150415194127

その鳥達も、五月の連休を過ぎると北方へ飛び立って行く。
それまでは、禁漁区のため、安心して過ごしている。RIMG055420150415194254

なかにはこんな奴も。ウミウである。RIMG126620150415194511

水鳥達がいなくなると、「モー、モー」とウシガエルが一斉に鳴き出す。      初夏も近い。RrIMG060720150415194357

刈り込み2012

桜の花も散り、異常気象の春もいつのまにか過ぎて、今年も草刈りの時期がやって来た。放っておくと、竹やヨシなど生え放題に成る。そうなったら草刈りは二倍以上のパワーがいることになる。今のうちに一度刈っておくのが望ましい。

土手の法面の草刈りと、庭。それにドウダンツツジの刈り込みが急がれる。とりあえずは、土手。次に中庭のドウダンツツジを刈ることにした。ここは、浴室に面していて、毎日よく見えるところ。いつも気になっていた。

伸び放題の刈り込み前と刈り込み後。あきらかにさっぱりとして、床屋に行ったみたい。もっとも、使っているのがガーディニング用のバリカンとある。20年間使ったものが壊れて、新しく買い替えた。やはり新しい刃は良く切れる。出張から帰ったら今度は、庭を刈ってみようと思う。

20年以上も経つと、庭木も太くなり背も高く立派になった。このまま行くと東側の陽当りが悪くなる。というか、もうすでに育ち過ぎて切らねばならなくなってきた。庭の斜面に植えた、椎の木と樫の木の枝を払わないと母屋への日当りも悪い。庭のデザインも次の世代を向かえているようだ。

薪ストーブの本vol.8

久しぶりに雑誌の取材があった。「薪ストーブの本vol.8」薪ストーブを遊ぼう!楽しもう!である。東庵を建てて20年を経た現在、建物は木造の在来工法の平屋だから、まだまだ充分使えそうだが、設備関係はほとんどガタが来ている。ボイラーや井戸ポンプ。そして竣工当時から装備され20年たった薪ストーブも例外ではない。

新築する時は、スウェーデン製のパンドールをシンプルなデザインなので選んでいたが、今回は佐原にあるアースリーというストーブ屋さんにたのんで、メトスから販売されているオーストラリア製のピキャンを選んだ。雑誌の取材の時も聞かれたが、「何故このストーブを選んだのですか?」の問いには、素直に、ストーブ料理が出来るから。形はカジュアルだけれど、オーブンが付いているし、トップの開口も二カ所ある。小型の薪ストーブにしては、料理対応が充実している。

最近では、世の中何があるか分からない。不景気になったり、原油価格も不安定だ。こんな時は、薪ストーブで暖をとるだけでなく、調理など日常生活に機能を持たせたものの方が、安心出来るというものだ。オール電化も、深夜電力の「エコ上手」程度にしておいた。何かあったとき、エネルギーが一系統だけでは何となく心細い。だから、我が家では、電気、ガス、薪ストーブと三つのエネルギーを生活に活かしている。

東京を離れ、千葉の田舎に住んだとき、一番感じたのは、生活の音が違う事だった。もちろん、目の前の池や里山や空の広いことは言うまでもない。そして、朝晩の温度差や、土や花のにおいも違う。それでも、都会と田舎の音の違いは、風の音や鳥のさえずりが自然の中に住んでいるという実感を届けてくれる。薪ストーブも、パチパチと薪の燃える音や、樹の種類によって様々な香りの違いが楽しめる。薪ストーブも五感で楽しめるものである。

この雑誌は、現在販売中なので、大きな書店のアウトドアーとか、田舎暮らしなどのコーナーで観られます。機会があったら覗いてみて下さい

スカイツリー・私のベストポジション

千葉県は銚子と佐原の中間に位置する香取郡東庄町に住んでいる私にとって、仕事は月のうち三分の一が東京と千葉を往復することに成る。毎回東京に行くごとに、少しづつ高くなっているスカイツリー。その構造や、周辺の変化など様々な話題に事欠かない状況である。その中でも、スカイツリーがよく見える風景としてのベストポジションも色々候補が上がっている。私の場合は、東京駅と銚子を往復する高速バス、「利根ライナー」に乗って、隅田川を越える時に川と橋とスカイツリーが一体となって見える場所がある。バスの車窓からなので、ほんの一瞬であるが隅田川のセンターに位置する時がある。シャッターチャンスは中々難しいものがあるが、スカイツリーが完成されたら、是非撮ってみたいポジションだ。
ただし、晴れた昼間に、銚子方面に帰るバスの左側座席という限定はある。時々渋滞で、異なったルートで帰る事もあるから、確立はさらに落ちる。その割には、なんとか撮れたワンショットである。

7月にはいよいよ地デジ放送の本格的スタートに成る。エコポイント騒ぎも修まって来た今日、メーカー各社も本格的機能の搭載したモデル合戦に入ってくる。我が家の地デジ化も、もうそろそろか。

ちなみに夜はこんな感じ。普通のデジカメでは暗すぎて、バスがゆっくり走ってもブレて撮れない。橋のイルミネーションも奇麗なので、いずれ挑戦してみたい。

瑞泉寺

八尾を出て金沢へのドライブ。途中井波にある瑞泉寺を観て行こうということになり立ち寄った。金沢に造形大学があり、柳宗悦も長い間北陸で暮らした。その間、バーナードリーチなど工芸運動を基に出会っている知人を、宗悦は瑞泉寺に案内している。藤村氏は、宗悦著「美の訪問」に出ている寺だと言う。

確かに、山門を観て、その彫刻の素晴らしさと、本堂の建築スケールのダイナミックな感動は、寺院建築では初めての体験となった。柳宗悦の野趣な好みも満足させ、細部にわたって施された優れた彫刻のディテールと、建築の内包するガラン空間の凄さは、他に例を見ない。

瑞泉寺は、正式には「井波別院瑞泉寺」といい、富山県南砺市井波にある。
明徳元年(1390年)、本願寺5代綽如上人によって開かれ、北陸の浄土真宗信仰の中心として多くの信者を集め、又越中の一向一揆の重要拠点ともなった寺院とある。


幾多の戦いに巻き込まれ、建物が焼失しては再建されている。現在の本堂は、明治18年(1885年)に再建されたもので、木造建築の寺院としては、日本でも有数の建物であり、地元の井波大工や彫刻師が完成させたとある。

確かに、井波と隣の砺波には、木彫の専門家や専門店が多い。実際に欄間を製作している実演工房も覗いてみた。未だに、大きな欄間の彫刻を、製作しているところが観れた。

そのあとは、今年の夏のたまらない暑さに負けて、蕎麦屋の抹茶氷を食べる四人であった。砺波の街も、お寺の参道は伝統的な様式の木造建築で揃えられていた。格子が外の暑い日差しを和らげてくれる。もっとも、店内は程よく冷房が効いていて、冷たい氷は干物になりそうな我々を生きかえらせてくれた。

外飼いのシマ猫ミロク

「また出かけるのか~」っと拗ねているのは、外飼いのシマ猫♀ミロク9歳である。一人暮らしだから、猫も大変だ。出かける時は冬でも家の外に出される。寝る時も同じ。でも、彼らはあれだけの毛皮を着ているのだから。むしろ、夏の方が大変だ。

どんなに長く出かけていても、帰ってくる10分前に玄関にお出迎えに出てくる。ブルーのプリウスを見ると、側にニャーニャー鳴きながら寄り添ってくる。バックだから轢きそうになって危ない。

それでもまた出張だ。いそいそと出かける支度をしていると、ミロクはそれを察したのか、何か訴えている。「また、出かけるのか~」猫は犬と違って、忠猫ミロクとはなりにくい。

茂原牡丹園 MOBARA PEONY GARDEN

梅雨に入る頃、西洋ではバラが咲き、それ以前に東洋では牡丹が咲く。牡丹はその昔、空海が薬草として中国から持ち帰ったと伝えられている。千葉でも、茂原に牡丹園がある。初夏の休日、ドライブがてら牡丹を観に行ってみた。

説明には、故速水御舟画伯の故郷であり、大作を描いたゆかりの地でもある。また新緑に包まれ朝露にほころぶ牡丹は格別のものだという。そして、牡丹ほど豪華艶麗な花は他に類をみない。別の名を「富貴花」「花王」などと呼び、幸福と繁栄のシンボルとされ、中国の家庭では牡丹を飾って春を迎えるという。

茂原牡丹園は上総の民家と山里を背景に牡丹をあしらった素朴で自然な庭園を演出していいる。当園の母屋は享保年間(1730),長屋門は天保12年(1841)の建造によるもので千葉県内でも数少ない民家の一つ。(平成14年度 登録文化財指定)
牡丹の蒐集と栽培は昭和54年からはじまり、現在では5000m2の圃場に牡丹250種(2500株)、芍薬50種(500株)を養成している。また同じ季節に開花する西洋の王花といわれる西洋シャクナゲやツツジの見本栽培を加え、春の花を充分満喫できるという。

およそ子供の頃には「花」には興味はなく、もっぱら動く昆虫類や動物に目がいっていた。しかし、前期高齢者ともなると植物や花が気になり、その美しさに気付かされたりする。花を観て時を過ごせる様になる。門外漢の自分にはあり得ないと思っていたから、この花と時を過ごすことに不思議な魅力さえ感じる様になった。

また、花はその時、その季節にしか咲かない。そして、まさに見頃という時期がある。何か人の人生の移り変わりにも似て、年をとることによって解る時間軸の変化が味わいとして重なってくる。当分、花との付き合いは続きそうである。

牡丹の見頃はゴールデン・ウィークの期間。本年度2010年の茂原牡丹園は閉園。

茂原牡丹園
〒297-0016 千葉県茂原市山崎210番地
●開園:4月下旬〜5月上旬 8:00am〜6:00pm
●入園料:大人600円 子ども200円
●交通:JR茂原駅より小湊バス(ちはら台駅行または緑ヶ丘リゾン行)にて舟着神社  前下車徒歩500m
●お問い合わせ 0475-22-4224