九段小学校新校舎見学会

10月に入って、20日に、小学校のクラス会があった。当日その前に、自分達が6年間学び育った校舎がリニューアルされたので、見学会を実施した。1時間という短い時間だったが、吉井副校長先生のご案内を頂き、参加者は、その懐かしさと新しい設備に驚いていた。

 基本的には、【千代田区景観まちづくり重要物件】となっています。
大正15年(1926)竣工。関東大震災の復興事業にあたり東京市は、不燃化構造とするため鉄筋コンクリート建築を採用しました。また、公園を併設するなどの試みも行われました。これは都市計画の中に小学校を位置づけて災害時の避難所としても使えるようにしたものです。九段小学校にも、東郷元帥記念公園が併設されています。
復興小学校には、外観デザインはそれぞれに独自のものとされており、町の顔として時代の意匠をまとった凝ったものが多くなっており、九段小学校もパラボラアーチ型の窓や、土筆の塔など特色があります。

        以前は校庭の正面にあった二宮金次郎の像。正門のアプローチに移設されていた。

外観は既存建築のイメージを残しつつ、新築工事部分を設計するという苦労があったと思います。しかし、全体としては見事に調和されており、卒業生としても愛着を感じました。

 校庭は人工芝に敷き詰められ、その下の地下には体育館が設けてあるのにはビックリ。

   新築の東棟の4階には、25mx4コースのプールがあり、その1階には園児用のプールがあります。

 広くて明るい玄関。

煙突は原設計に準じたもので、自分たちの時は給食用のリフトがあった様な記憶があります。

 2003年11月30日の「同窓会創立100周年記念式典」に参加した時に訪れた校舎は、また少し手が入っていて、西棟の階段の手摺りは、今回の色彩の方が趣があって、ずっと良くなっていると思いました。

   復元・保存された床も、パーケットブロックとテラゾーの研ぎ出し仕上げという手の込んだものだった。

   踊り場は、懐かしいアーチ型の窓。ここでしゃがんで隣の公園を見ていたことも。サッシは全て新しくなって安心だ。   廊下は広く、小上がりのあるオープンスペースになっていて、その段差は空調の吹き出し口になっている。教室との仕切りは全て引き込み戸で解放出来る。   教室は明るく、収納家具なども使いやすそう。

   音楽室には、ブラスバンドの楽器類が全て揃っていた。コーラスよりも演奏に力を入れているのがうかがわれる。

   トイレはオフイスビル並の清潔さ。

  B2  九段記念室。東郷元帥の貴重な資料が展示されていた。

  B2 九段ギャラリー 百数十年の歴史が写真や記録物によって展示されている。


アールヌーボー調のエントランスドア。毎日見ていたので気付かなかったけれど、デザイナーになってからも、幼き頃の影響は受けていたことに思い当たります。施設としては幼稚園もあり、自分としては2年間通っていたので、合計8年間お世話になっていました。

千代田区立九段小学校・幼稚園リニューアル工事。色々細かいところまで考慮頂いた特に建築設計の担当者様、お疲れさまでした。我々卒業生としては満足した結果になりました。また、当日ご案内いただきました副校長吉井先生、ありがとうございます。

北原進のモダニズム

10月の15日は、インテリアデザイン界の重鎮、北原進氏の出版記念パーティーがあった。場所は、六本木の国際文化会館・岩崎小彌太記念ホール。その日都内での打ち合わせを2件済ませて、地下鉄で六本木に着き、会場の方向に歩いて行くと、後ろから「中田さん」と声をかけられた。JIDの秋山さんだった。協会の60周年の事など話しながら文化会館に着く。

会場へ階段を降りて行くと、受付にはすでに大勢の来場者であふれていた。北原さんも入り口付近にお出迎え。先ずはご挨拶を。80歳になられたとか。まだまだお元気で、100歳の現役デザイナーを目指して欲しいものだ。

北原さんのご縁の方たちの減額四重奏の心地よいBGMのなか、飯島直樹氏の司会で始まり、北原さんの挨拶。姿勢が良いのにビックリ。
勝井三雄さんの乾杯。石井幹子さんのご挨拶などなど、錚々たるメンバーが発起人を務める。

いつの間にか会場は懐かしい顔であふれていて、久しぶりに楽しい会でした。時間がなかったので、早めに引き上げてしまったが。

この本の作品を殆ど撮影したカメラマンの白鳥さん。久しぶりだったけれど、少ししか話せなかったのが残念。

北原さんの初期の作品を収めていた銀座のソニービルも解体され、現在は一時的に銀座ソニーパーク。時代は東京を少しづつ、そして大きく変えていった。今やその座をスカイツリーに奪われた東京タワーではあるが、帰りの小雨の中にしっかりと輝いていた。

帰って来てから、作品集「北原進のモダニズム」を観てみる。やはり懐かしい記憶が蘇る。そういえば、あの頃、月に一度は誰かのデザインした店舗などのオープニングパーティーが開かれていた。そして、そこでは酔った勢いでデザイン論に夢中になっていたことが蘇る。雑誌「ジャパンインテリア」がその軌跡を証明していた60〜80年代のこと。

北原さんの作品集ではあるけれど、当時の対談記事など、インテリアデザインという切り口から歴史的な時代背景とクリエイター達のコンセプトが伝わる一冊となっている。(¥4700 星雲社)