玄米鮭ご飯

フィスラーの圧力釜で玄米を焚く時に、塩鮭をまぶした釜飯を作ってみようと挑戦。マクロビォティックの本来ならば、玄米菜食が中心のため、サケの玄米ご飯などもってのほかと一笑されてしまうが。そこは、中島デコさんの「なんちゃってマクロ」このスタンスがいい。もっともデコさんは本物のマクロビアンだけれど。

まず、スーパーで買い入れた塩鮭の切り身を、一枚は焼いておく。もう一枚は生で。圧力釜に磨いだ玄米3カップの上に乗せる。水加減はやや少なめにした。

いつもと同じに炊き上げると、良い香り。鮭の切り身は玄米に半分もぐっていた。

鮭を取り出して、骨を取り除こうと思ったら、さすがは圧力釜。骨まで柔らかく炊きあがっていた。皮だけ取り除いたが、お好きな方はそのままでも。

鮭を軽くバラしてから玄米に戻し混ぜ合わせる。ちょっと味見。イー感じに仕上がっている。

このままでも良いが、大葉とか水菜など、緑色が欲しい。細かくきざんで、モミのりと合わせる。

最後に白ゴマをふって、出来上がり。

鮭は甘塩を使ったが、塩気のつよいのが好きな方は辛塩でもいい。お焦げが欲しい場合は、強火1分追加する。水菜は洗ってから良く水気を切らないと、水っぽくなる。ごく細かくきざんで分量を少なめにするか、大葉の方が「セーカ~イ!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です