九段小学校6年3組・クラス会2013

11月16日は、前回より4年を経た小学校のクラス会。常任幹事長の河野くんが体調を崩し、代わりに今回、久々に幹事を引き受けた次第。他にも体調をくずしたクラスメイトがいたりしたので、ここは一番、懐かしい顔に出会って頂き、元気を出して貰いたいと企画。高橋さんと濱田さんにご協力いただいて、おかげで気持ちの良い時間を、出席者全員が共有出来て良かったと思います。

会場は九段小学校に近い四ッ谷の元消防会館のスクワール麹町。全館には幾つもの宴会場があって、予算もリーズナブルなのがいい。当日も大安吉日だったので、ホールでは花嫁姿も観られ和やかな雰囲気の中に始まった。

今回は、70歳。古稀記念のクラス会とも言える。還暦の時には、皆で網代の温泉に一泊。あれから10年。早いものだ。小学校の時には、自分が70歳になることなんて考えてもみなかったことだ。

開会の挨拶と、これまでにお亡くなりになった担任の先生をはじめ、物故者の名前が読み上げられ、皆でご冥福を祈った。

ついで、欠席者の返信ハガキのメッセージを読み上げる。細かい字で沢山書いて来た人、ただ「元気で〜す」というのまで様々だ。それでも返信があって安心する。3名は宛先不明で戻って来てしまった。

級長だった榎本くんに乾杯の音頭をとってもらい、恒例によって一人づつ自分の現在を話してもらう。女性はだいたい二十歳から八十歳くらいまで、自分の年齢を隠そうとすると。クラス会というのは、年齢をかくしようが無い。だから、女子も気楽に本音を言えるのだろうか。

楽しい時もあっという間に過ぎ、宴もたけなわ、中締めには、河野くんの話しと、浅草は鳥越神社の神輿かつぎ、近藤くんの三本締め。いゃあ何時聞いても景気がいいなあ。

そのあと場所を変えて二次会。そのあと、例によって三次会のカラオケまで、8時間のお付き合いでも、日帰りバスで帰って深夜には帰宅できた。やれやれ。

それでも今回、心配していた親友の元気な顔が観れたから安心した。しかし、山崎くんのカラオケは、何時聞いても素晴らしい。声が良いし、唄が上手いのは得だなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です