三七墨会2017

今年もまた、この時期がやって来ました。そうです、昭和37年卒業都立墨田工業高等学校電気科3年4組クラス会。
毎年恒例になっているこの会が、何故こんなに続くのかと言うと。
先ずは、常任幹事の3人が、世話をやいてくれるおかげ。会場と会計の中里くん。クラス会事務処理の飯塚くん。そして、ウォーキングコンシェルジュの佐野くんだ。
まあそれに、毎回参加する15~6人の常連たちである。

人間関係というものは不思議なものだ。たった3年間の同級生と、クラス会ではもう10数年のコミュニケーションになる。学生時代には、あまり話もしなかった友達も、毎年クラス会で会っていると、新しいコミュニケーションの歴史が始まり、それぞれの人間性が理解されてくるものだ。

今回のウォーキングは、浅草橋駅改札口で集合。「蔵前水の館」という東京都下水道局の資料館を見学。  次に、徳ノ山稲荷神社などを経て、

「東京都慰霊堂」にお参り。  関東大震災の犠牲者の慰霊として竣工された震災記念堂は、東京大空襲の戦災者の慰霊堂としても。

続いて「旧安田庭園」に立ち寄り。  江戸時代の大名屋敷から明治になって、安田財閥の安田善次郎の所有に。その後東京都に寄付されこの名に。墨田区に移管。

  両国橋から柳橋 へ。歩行距離は地図上3,1Kmとか。ようやく夜の宴会場、TDK柳橋倶楽部 に着く。先ずは会計。(ノミやの馬券の精算ではありません)

  いよいよ宴会の始まり。料理は和食の懐石。

  先付 穴子野菜白酢掛

  組肴 順菜胡麻辛子掛、浅利一夜干し、雲丹豆腐、アゲ巻貝塩煮、魚トマト寄せ

  向付 牡丹鱧、鰹

  御椀 伊佐木、大根、冬瓜、竹紙昆布巻

  焼物 喉黒遠山焼

  御食事 新生姜御飯

  デザート アスパラ饅頭

と、この辺になると、ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキーとみんなアルコールがまわってきて味も漫ろ。

そして、来年の計画を発表。  仕上げは、酔っ払いのオジサンとツーショットを笑顔でこなす受付嬢の苦労を考えると、無理強いはイケマセン。さて今回は、集合写真が間に合わなかった。誰か見て、持っている人、送ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です