ヤワタホームのオーガニックハウス

「10月14日 成田初! オーガニックハウス見学会に向けてオープンに向けて準備中です。期間限定となりますのでお見逃しなく。」

という事でスタートしたヤワタホームのオープンハウス。マイホームを検討中の方も、これから計画したい方も、この際に是非見学をして欲しいと思います。

今から40年前、当時桑沢デザイン研究所のインテリア住宅研究科に学んでいた頃、世紀の二代巨匠、コロビジェとライトにかける憧れは、学生の設計思想に掛ける大きな想いであった。

20代の私自身コルビジェに傾倒していたのだが、不思議な事に、卒業して社会に出てから段々と年をとり、色々な事物に触れて来た今となっては、ライトのデザイン思想に共鳴する事が増幅して来た。

1960年代にデザインを学ぶものとして、より人為的なフォルムや人工的な解決策に価値を委ねようとする時代の風潮があった。それが、年をとるごとに「自然とは人工とは何だろう」という永遠のテーマと共に、日本人の自然に寄り添う生き方に同調してきている自分がいた。

フフランク・ロイド・ライトは、日本の建築史にも深く関わりがあるアメリカの建築家である。ライトは、来日して、帝国ホテルや自由学園など幾つかの作品を残しているが、日本人の自然観にその価値を見出していたのだろう。建築家の隈研吾さんも、建築とは大地に生えている植物の様なものと、ライトと隈さんご自身のアイデンティティーを話しておられた。

オーガニックハウスは、ライトの設計思想を受け継いだアメリカの後継者たちの作品を、財団が管理し、それを委託されたオーガニックハウスとヤワタホームが提携して、成田には初めてのオープンハウスが完成された。

私も、幾ばくかの協力をしたが、ヤワタホームが今までやって来た「いやしろの家」に新しい住宅デザインが加味して。提案したのは、「デザイン✖️健康住宅」である。新しいブランドとして定着して欲しい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です