三七墨会2017

今年もまた、この時期がやって来ました。そうです、昭和37年卒業都立墨田工業高等学校電気科3年4組クラス会。
毎年恒例になっているこの会が、何故こんなに続くのかと言うと。
先ずは、常任幹事の3人が、世話をやいてくれるおかげ。会場と会計の中里くん。クラス会事務処理の飯塚くん。そして、ウォーキングコンシェルジュの佐野くんだ。
まあそれに、毎回参加する15~6人の常連たちである。

人間関係というものは不思議なものだ。たった3年間の同級生と、クラス会ではもう10数年のコミュニケーションになる。学生時代には、あまり話もしなかった友達も、毎年クラス会で会っていると、新しいコミュニケーションの歴史が始まり、それぞれの人間性が理解されてくるものだ。

今回のウォーキングは、浅草橋駅改札口で集合。「蔵前水の館」という東京都下水道局の資料館を見学。  次に、徳ノ山稲荷神社などを経て、

「東京都慰霊堂」にお参り。  関東大震災の犠牲者の慰霊として竣工された震災記念堂は、東京大空襲の戦災者の慰霊堂としても。

続いて「旧安田庭園」に立ち寄り。  江戸時代の大名屋敷から明治になって、安田財閥の安田善次郎の所有に。その後東京都に寄付されこの名に。墨田区に移管。

  両国橋から柳橋 へ。歩行距離は地図上3,1Kmとか。ようやく夜の宴会場、TDK柳橋倶楽部 に着く。先ずは会計。(ノミやの馬券の精算ではありません)

  いよいよ宴会の始まり。料理は和食の懐石。

  先付 穴子野菜白酢掛

  組肴 順菜胡麻辛子掛、浅利一夜干し、雲丹豆腐、アゲ巻貝塩煮、魚トマト寄せ

  向付 牡丹鱧、鰹

  御椀 伊佐木、大根、冬瓜、竹紙昆布巻

  焼物 喉黒遠山焼

  御食事 新生姜御飯

  デザート アスパラ饅頭

と、この辺になると、ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキーとみんなアルコールがまわってきて味も漫ろ。

そして、来年の計画を発表。  仕上げは、酔っ払いのオジサンとツーショットを笑顔でこなす受付嬢の苦労を考えると、無理強いはイケマセン。さて今回は、集合写真が間に合わなかった。誰か見て、持っている人、送ってください。

笠間の陶炎祭2017

毎年恒例の、茨城県は笠間市の陶芸市。お馴染みの陶芸家の作品に出会う楽しみが大きい。会場周辺の駐車場を新たに設け、シャトルバスなどの対応で、いつもの渋滞はかなり軽減された。

今年の5月は3日に、笠間のひまつりの会場にいました。毎年のGWに開催される陶器市だ。

いい天気とは、多少雲があって、たまに涼しい風が吹く。天候としては、ベストの1日だった。お昼にアジア風の焼きそばと、ソフトクリーム一つで過ごせた。

たくさんの陶芸作家の自営のショップが立ち並ぶ。
中には、毎度お馴染みな作家の懐かしいイメージが、新しい作品を
毎回楽しませてくれる。

今回思ったことは、テントなどを利用して、家族連れのコーナーに、
とても多くの利用者が目立ったこと。

会場の奥、お馴染みの藤棚は、美しい花のボリュームと、
涼しい日陰の空間を、歩き疲れた身体にオアシスとなって癒してくれる。

今回は、最も少ない買い物で、角皿一枚と、箸置き二つ。
それに花を生けるのに、便利なリングを買った。

リングを早速使ってみる。
多分、また来年も行くことになるだろう。

福福マーケット

3月20日は春分の日。毎年、春と秋のお彼岸に、千葉県は匝瑳市にある長福寺では、「福福マーケット」というオーガニック系の市が開催。今回はその第5回。

東庵から約20km、車で30分。長福寺はのどかな田んぼや畑の中にあって、境内は結構広い。


そこに、こだわりの野菜・加工品。イートインコーナー。ハンドメイド・ナチュラル雑貨。など約40のお店が並ぶ。

着いたのはお昼頃なので、人も多かった。時分どきなので、早速食べ物をチェック。すると、この手のマーケットでは、食べ物が充実していることがすぐに分かった。

「カトラリーボックス」のアップルパイ。

コンキリエとキノコのミート風リゾット。
野菜丸ごとスープ、お豆腐のロイヤルミルクティー。から始まって。「桜の木」の鳥の燻製。

「輪や」のたこ焼き(斎藤さんから譲って貰った)が美味かった。


「たけおごはん」の人参の天ぷらと甘酒のカレー。そして、ローフードとオーガニックのスムージーと、実に充実していた。残念だったのは、cafe 8 enoughのスープパン。これがたべたかったけれど、売り切れに。

イベントも盛り沢山で。ヨガや占い。ライブに空手演武。そして斎藤さんの語り部。子供達も楽しんでいた。

買い物は、みやもと山の「おしゃべりみそ」とベリーファームの「ハチミツ」、桜の木の「燻製たまご」

春の穏やかな天気にも恵まれ、久々に美味しい食べ物と優しい人々と出会って、良い波動を貰った一日でした。

「さわら雛めぐり」

Image 2017-03-02 at 17.02 (2)

久しぶりに隣町の佐原に行ってみた。

相変わらず小江戸のイメージを残している街並みに、

それを求めて観光客も少なくない。

Image 2017-03-02 at 17.02 (3)

時期もあって、街ぐるみで商店の店先や小野川べりにまで、
お雛さまを飾っている。

Image 2017-03-02 at 17.02 (4)
平成、昭和、大正、明治、江戸と、時代ごとの雛飾りが見られる。
時代によって、人形の顔が違うのは、求められる流行だけではなく、
その時代に暮らした人々の持っている情緒の違いのようだ。
それにしても、お雛様の顔や衣服が、こんなにも違うとは思っていなかった。

Image 2017-03-02 at 17.02 (1)

ところで、いつも問題になるのは、雛壇の最上段の
男雛(お内裏様)と女雛(おひな様)の飾り方。
今回も両方有ったが、男雛(お内裏様)を左右どちらに飾るか。
一般的には、京都風では男雛(お内裏様)は向かって右。
関東では左に飾られることが多い。

Image 2017-03-02 at 17.02

日本古来の「左上座」の考え方があるのなら、関東のお内裏様はなぜ
向かって左に並べられているのか。
それは、武家中心の関東では「右上位」という考えで、身分や等級に
よって座る順番の決まりがあり取り入れられたからと。
また、大正天皇が西洋スタイルのご即位に倣って、皇后陛下の右に立た
れたことからも。 文明開化以降、西洋文化が日本に入ってきたことが
影響している。

Image 2017-03-02 at 17.02 (5)
しかし、「左上座」という日本の伝統を軽く見て、立ち位置に重きを
置かない風潮を憂慮している宗教家もいることを忘れられない。Image 2017-03-02 at 17.02 (6)

佐原の各店舗にてお雛さまが飾られ、皆様をお迎えする「さわら雛めぐり」
は、2月4日(土)から3月26日(日)まで開催中。

梅切らぬバカ

今年も、東庵の白梅が満開を迎えた。

Image 2017-02-16 at 22.40 (1)   Image 2017-02-16 at 22.38

桜切るバカ、梅切らぬバカとセオリーはあるものの。
剪定に関しては、実にイーかげんなやり方で、手の届く範囲のみ、
暇に任せてハサミを入れる。したがって軒先きより上部は、小枝も伸ばし放題。
花芽も付き放題だ。見方によっては伸び伸びと自由な感じもする。

Image 2017-02-16 at 22.40

最大の手入れとしては、花も落ちて新芽が出始める頃、蛾の産みつけた卵を見つけ出し、幼虫に成り掛けた段階で駆除する事。一本の梅の木で決まって2箇所。100匹くらいの巣を見つけ出す事は特技になった。

Image 2017-02-16 at 22.39

歌舞伎の娘道成寺の文句に
「梅とさんさん桜とは いずれが兄やら弟やら わきて云われぬ花の色」
世間では、桜より先に咲く梅が兄とされている様で。

Image 2017-02-16 at 22.39 (3)

残念ながら、今日の暖かさと春一番の強風で、かなり散ってしまった様だ。

今年のお正月は千両

昨年の暮れに偶然、ヤワタホームの会長に出会って、
久しぶりな積もる話と、そのままご自宅に。

約1時間半ほどお邪魔して、帰り際に奥様から、頂き物のお裾分けで、沢山のセンリョウを頂いた。IMG_5634

おかげで、普段は花も飾らない正月の東庵にも、華やかな空気が流れた。IMG_5636

江戸時代に、それまで仙寥花(センリョウカ)と呼ばれていたのを、縁起をかつぐ意味を込めて千両になったと。IMG_5598

風水でも、この赤い実は幸運のシンボルとされ、物事が「実を結ぶ」縁起物と。黄色い実は金運か。IMG_5597

今年は、何かいいことがありそうな予感。

IMG_5645

このブログを覗いてくれた皆さんにも、幸運のお裾分け。
いい年に成りますように。

明けましておめでとうございます。

image-2017-01-09-at-22-16-1

今年も、二年参りに氏神様の東大社に行ってきました。境内に炊かれた篝火に暖をとっていると、やがてドーンドーンと大太鼓の音。2017年が明けた。早速お参りの列に並んで、今年が良い年でありますようにお祈りをして。社務所でお札と破魔矢を買い。甘酒を頂いては知人に挨拶を交わし帰宅しました。image-2017-01-09-at-22-24

5日には、私の今年の方位の良いとされる、鹿島神宮に初詣。image-2017-01-09-at-22-17 総門image-2017-01-09-at-22-16-3 本殿image-2017-01-09-at-22-16-2 奥宮image-2017-01-09-at-22-16御手洗池久々にお参りさせて頂いた鹿島神宮は、古木の杉の樹に囲まれた静かな杜が気持ちよく、何かパワーをいただいた感じで。60年に一度の良い年になるという占いも、おみくじをひいたら大吉だったから。こいつは春から、、、と。

本年もよろしくお願いします。

成田山の紅葉2016

今年も紅葉の季節がやってきた。image-2016-12-07-at-22-21

千葉県は、比較的温暖な気候なので、寒暖差の激しい地域におこる紅葉の名勝は多くはない。image-2016-12-07-at-22-20-2 image-2016-12-07-at-22-20-1

それでも、いくつかの場所で、この時期紅葉が観られる。image-2016-12-07-at-22-21-1

成田山新勝寺は、毎年の初詣の名刹だが、隣接する成田山公園の紅葉は、なかなかの見応えがある。image-2016-12-07-at-22-21-2 image-2016-12-07-at-22-20

今年は、少し早めだったけれど、緑色の葉が黄色く染まり、そして紅く色づく段階が観られるこの時期も、なかなかのものだ。image-2016-12-07-at-22-20-3

モミジは水辺に似合う。それというのも、水辺を好むという生態系にも基ずいているからなのだろう。

今年も、もう10月

歳をとるほどに一年が早くなる。
今年も、ついに10月だ。神無月、自分の誕生月でもある。

AISINから頂いたユニークなカレンダーもあと3枚を残す。
一見横型の卓上カレンダー。よく見ると、日にちのピースにミシン目が入っていて、1日ごとにちぎってゆける。日めくりのアクションを加味した優れものだ。image-2016-10-13-at-22-49

今年の10月10日は、祝日になった。1964年の東京オリンピックの開会式の日。
体育の日として生まれた祝日。週末に絡ませて3連休にすることで、動かされた祝日は、その本来の記念日的な意味合いも忘れていき、薄れてしまう気がする。
祝日とは、無理やり移動するべきでなく、たまたま連休になることで、ありがたみも感じるというものだ。記念すべき祝日は、元に戻して欲しいと思っている。

オーガニックタオルとオイル

今年の初夏になるが、オーガニックコットンによるニットのショップNOBさんから、送られてきたタオルとオイル。
もともとレディスのニットファッションを、オーガニック素材で仕立てたメインの商品に加えて、ユニセックスのパジャマや、キッズからタオルなどまで、オーガニックにこだわるショップだ。

image-2016-09-23-at-20-20

中でも、オーガニックタオルは、肌合いもいいし安全な材料で作られているから、肌の弱いベビーや子供達にも安心して使える。タオルは洗濯の仕方で、風合いが随分と変わるもの。特に干すときに良く空気を入れて繊維のループをふっくらとさせることだ。ある程度、乾燥機で乾かしてから干すと、かなり良い感じに仕上がる。

image-2016-09-23-at-20-21

それから、ブランドリップのオイル。数年前から毎朝の洗顔のあと、このオイルで顔のマッサージをする。といっても自己流で、顔面のリンバの流れに逆らわずに、ただひたすら両手の指でマッサージをする。
真夏を除いて朝風呂派としては、ゆっくりと湯船に浸かって、あたたまった体に仕上げのオイルを使うのが自分流となった。米ぬかから作られたオイルは、毎日玄米を食べている身には、しっとりと馴染んでくれる。だから気に入っている。